2017年2月13日月曜日

Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書



グラフィックレコーディングという言葉を聞いたことがあるだろうか。

IT系のイベントや社会起業の集まりなどで良く見る、議論の内容をテキストだけでなく、親しみやすいグラフィックとともに整理する手法だ。

実物を見てもらえば一目瞭然だろう。



こちらは清水さん作。以前、Tedの動画を題材にしたNHKの「スーパープレゼンテーション」という番組の前後にハングアウトでパネルディスカッションを公開していたことがあったのだが、それをグラフィックレコーディングして頂いたものだ。本書にも掲載されている。NHKスーパープレゼンテーション | Tokyo Graphic Recorderですべて見ることができる。





この2つはどちらも和波 里翠さんグループによる作。テクノロジーにより社会課題解決を図るシビックテック団体であるCode for Japanのサミットの模様。私の中では、清水さんとこの和波さんが日本の中のグラフィックレコーディングの2大巨匠。

この他にもGoogleで「グラフィックレコーディング」で画像検索すれば、山ほど出てくる。また、清水さんのサイト、Tokyo Graphic Recorder にもいくつも紹介されているし、以下のサイトにも詳しく解説がされている。グラフィックレコーディングの紹介だけでなく、練習法も書かれているので、よりイメージが湧くだろう。


このグラフィックレコーディングだが、レコーディング=記録であるとともに、議論を可視化するものだ。本書の中でも、グラフィックレコーディングの効果として「会議の最中で、対話の活性化を引き起こす」ことと「会議後に、第三者を巻き込む記録物になる」と書かれている。後者は想像つくと思うが、前者の効果もとても大きい。同じく議論活性化のためにグラフィックを用いる手法として、ファシリテーショングラフィック(グラフィックファシリテーション)というものがあるが、グラフィックレコーディングは議論の過程も含めての全体像を記録するという違いがあるらしい。本書を読むまで、曖昧にしか、その違いを説明できなかったが、本書ではそれも明快に説明されている。



そして、その会議の活性化だが、本書で書かれている3つのメリット、参加者がどう変わるかが、とてもわかりやすい。
  1. 対個人への感情から、対議論への思考へ --- 「何を言っている」かより「誰が言っているか」を気にしていしまいがちなのが、発言者と発言をグラフィックで切り離すことで、議論に対しての発言となる。
  2. 差異への苛立ちから、広い多様性への理解へ --- 自分の相手の違いに苛立ち、納得してもらう勝ち負けが目的になってしまう状況から、それぞれの違いを整理することで、相手の考えを前向きに理解しようとする状況へと改善される。
  3. 確認することへの遠慮から、発言することへの自信へ --- 確認したいことがあっても、場の雰囲気に圧されて発言できない状況から、グラフィックを通して質問や指摘することで、一人でも発言しやすくなる。
なるほどと思わせる。このような解説が文章と、そしてグラフィックレコード形式のグラフィックで説明されるところが本書の秀逸なところだ。


記録と言えば、以前在籍していたGoogle本社でのミーティングを思い出す。

ミーティングルームには2つのスクリーンがあり、2つのマシンからプロジェクトできるようになっている(リモートからの参加者がいる場合は、片方はビデオ会議兼用となる)。このスクリーンの片方に開発中の製品のデモやモックを映し、もう片方は議事録が映し出される。グラフィックレコーディングとは違うのだが、リアルタイムで議論がログされていくので、事実とは異なる解釈がされている場合はその場で訂正できる。しかも、それがGoogleドキュメントなので、自分で修正してしまっても構わない。製品のUXをレビューするミーティングだったりすると、片側でデモを投影する。出た意見や質疑応答の内容などは議事録にリアルタイムで記録されていく。ミーティング終了とともに、議事録は参加者および関係者に回覧される。

グラフィックレコーディングは、このリアルタイムに議論を可視化できるという利点が、グラフィックというよりリッチなフォーマットで、さらにアナログによる感情の反映のしやすさにより増幅されたものと考えることができる。

さらに、筆者の清水さんは言う。このグラフィックレコーディングという手法は日本でこそ活用されうる、されるべきものではないかと。

日本においては、会議を進行する司会者は、年長者だったり、目上の者という暗黙の了解があり、それを打ち破るのは難しい。また、このような司会者が仕切ることにより、参加者はそこに寄りかかり、思考停止に陥っていしまう傾向が強い。しかし、一方で、「記録」するというのは、新人や目下の者が行う作業とされているので、これを逆手に取って、「淡々と場の記録をグラフィックで行うことで、結果的に場を解決につなげる」ことが可能であろうと、清水さんは言う。

確かにその通りだと思う。外資系に長くいると、日本の会社や組織の会議がひどく不気味に感じることがある。会議になっていないからだ。報告会ならば、まだ良いが、議論を目的とする会議なのに、議論していないことが多々ある。だが、もしそこにこのグラフィックレコーディングでの記録係、いや陰のファシリテーターがいたならば。きっとその会議は議論されるものになりうるだろう。

清水さんが目指す世界も、はじめに に書かれている。

「本書が目指す世界、それは、年功序列、事なかれ主義、責任者不在を打ち破り、凝り固まった後ろ向きな空気に流されずに、どんなに難しくて気まずい関係の会議でも、諦めずに思考停止しない世界です。今もこの瞬間に日本で何万と行われている不毛な会議が、グラフィックでの記録によって前向きな思考と関係性に変えられたら、少しずつ世界は変わるのではないか。そんな想いを込めて本書を届けます」

本書を開いて、このはじめにの最後の言葉を読んだとき、不覚にも涙をこぼしそうになった。方法は違うけれど、私が目指している世界も同じだ。


【補足】次の清水さん自身による、しばらく前の記事も読んで欲しい。グラフィックレコーディングについて誤解されやすい点について解説されている(* このクロ現は私は見なかったので、コメントできないが)。

クローズアップ現代+で導入された 「グラフィックレコーディング」とは一体何だったのか?(清水淳子) - 個人 - Yahoo!ニュース

2017年2月4日土曜日

その「エンジニア採用」が不幸を生む ~良い人材を見つけ、活躍してもらうには何が必要か?



Google在籍時も、現職のスタートアップでも、技術者の採用には苦労している。正直、Googleでの苦労はぜいたくだったと思う。知名度は抜群で、多くのエンジニアの憧れの的だ。だが、高いハードルの元、Googleの基準に達する人はそう多くはない。優秀な人は現状でも魅力あるポジションでやりがいのある仕事についている。収入を含む待遇も悪くない。そのような人にどのようにして転職を考えてもらうかが悩みのタネだった。

現職はプログラマー向けサービスをやっているだけあり、知名度はある。業界で名のしれたエンジニアがいることもあり、Web系エンジニアからはそこそこ評価されているようだ。だが、採用には苦労している。応募も少なく、採用まで至る人はその中でもわずかだ。

私は自社以外のスタートアップの技術顧問やアドバイザーをやっている関係で、他社の状況も良くわかるのだが、どこも似たような状態だ。Facebookなどを見ると、結構な頻度で転職の報告がある。いったい、何故、私の関係する会社には彼らのような人は来ないのだろう。そんな風にも思いたくなるが、実際には業界全体で人不足というのが実情だ。

この その「エンジニア採用」が不幸を生む ~良い人材を見つけ、活躍してもらうには何が必要か?は、IT技術者の転職と企業側から見た求人の実情を解説した書籍だ。

さすがに自社や顧問をしている会社の採用に関わっている関係で、ここ1年くらいでIT技術者の転職・採用支援業界には詳しくなった。IT業界に長くいると気付いていなかったが、IT技術者の転職事情は他職種とはかなり違う。本書にも書いてあるが、他職種は年収と勤務先の希望があえば、他にはあまりこだわる条件は無い。だが、IT技術者はそこに技術が加わる。さらに問題を複雑にするのだが、この技術へのこだわりも、できる技術者は自分の力を活かせるところにこだわるのだが、自分の技術力に自信の無い技術者は自分の能力が通じるかという観点で、転職先を選ぶ。

本書は、企業でIT技術者の採用に携わっている人ならば、なんとなく知っていることが多いだろう。だが、それをわかりやすく文字化してくれているのはとてもありがたい。

ただし、いくつか違和感のある部分もある。おそらくそれは、筆者が広くIT技術者を捉えているのに対して、私はMicrosoftやGoogle、そしてネット系のスタートアップというかなり特殊な職務経験から、狭くIT技術者を捉えているところから来ている。例えば、筆者は本書の中で、エンジニアのキャリアパスとしてはマネージメントか事業会社のITマネージャーとしての転身を勧め、エンジニアとして極めていくことはほとんどの人には無理ではないかと言う。だが、私の周りには、それに憧れ、そのような職場を探す人もいる。私の感覚もそれに近い。しかし、それは私がかなりバイアスがかかっているからかもしれない。そして、それが正しいのならば、IT技術者の実態はこの書籍に書かれている通りなのだろう。

筆者と私とでは、同じIT業界でも歩んできた道が違うため、考えが違う部分がある。価値観もやや異なる。

しかし、いずれにしても、本書の最後に書かれた部分への思いは同じだ。

エンジニアが消えたら、この世から進歩はなくなります。
進歩の担い手は、かなり変わっているかもしれません。
その多様性を受け入れる努力を継続することで、より良い世の中になるのです。

2016年11月18日金曜日

Moving Ahead



Yesterday was one year anniversary as the Increments' employee (Increments is my current company).

Taking a look back on what I did in the past one year, though I can be proud of my achievements, I also must admit I could have done much better jobs.

As the first product manager, I introduced several PM methodologies like PRD (Product Requirements Document) as well as company-wide process including OKR (Objectives and Key Results). Now, we are using PRD for most projects and OKR has become the core of the company operations.

As the company is still small (i.e. only 20 employees in total as of Today), I also have worked with the management to accelerate hiring. Note that we are looking for passionate engineers! I have been also involved in many company management operations like strategy setting and PR.

In parallel with my company jobs, as an external adviser, I have been helping other startups for their product and engineering management.  Though I had took the similar adviser role even before leaving Google, that was just the high level advice based on the guesses or impressions from the outside observer.  However, now I have become the member of the inner-circle "startups", their situation is much like our situation.  What I have learned from them are the things we need to worry about in the future and also the ones I can also share with other startups.  To be honest, this is what I expected.  I'm glad that I can have such valuable experiences which I couldn't  experience before.

Like the adviser role, I have been working with those who are also interested in the product management in Japan to organize the PM community and host the very first product management conference in which more than 300 people joined.  I personally think PMs help Japan.  PM is one of core parts to make business or even country successful, I think.  I'm happy to know that there are so many folks are like me in Japan.

On the other hand, I must admit that I could have done better jobs.  What I produced as a PM in the past one year was too below than what I had expected.

I often recall what my friend said when I asked to give some advice on my resignation.

"Takuya, can you make bigger impact than what you could have done in Google?"

Now, I would say "Not yet".  I can hardly say "Yes", honestly speaking.

But, this was only one year.  This is just a beginning.

I am excited about what I can do in next one year and beyond.

Next year around the same time, please ask me "Have you made big impact?"
I promise that I can say "Yes" with confidence.

I'll keep working hard and smart to make our dreams come true.  I am looking forward to seeing our future.

Cheers,
Takuya Oikawa



2016年8月23日火曜日

【書籍レビュー】アダルトVRで、世界のセックスが変わる!

仮想現実(VR)が盛り上がっているが、正直、ゲームくらいしか用途が思いつかない。本格的なデバイスが高価なことを考えると、すぐの普及は難しいのではないかと思っている。

パソコンもゲームもビデオテープも普及にはアダルトコンテンツが一役買っていたことを考えると、アダルトもゲーム以上にVRのキラーコンテンツになるだろうと考えているのだが、同じことは当然多くの人が考えている。

今年6月に日本初のVRとアダルトの体験イベント「アキバVRフェスタ」が開催されたのだが、あまりの注目で開催後すぐに中止になってしまったらしい。

「アダルトVRフェスタ」、注目されすぎで開催中止、壮絶な混雑で列整理追いつかず…… - AKIBA PC Hotline!

そのイベントの主催者が書いたのが「アダルトVRで、世界のセックスが変わる!」だ。



Kindle Unlimitedに入っていたので読んだのだが、これは凄い。表紙やタイトルがひと目を憚られるのは覚悟していたが、内容もかなり凄い(アダルトという意味で)。通勤電車で読んでいるときでも、周りの人にショルダーハッキング(肩越しに中身を読まれていないか)されていないか気になるほど。ここまで真面目にエロを語るのは初めて見た(私が不勉強?なだけだと思うが)。

書籍の中でも書かれているが、VRコンテンツの制作にはコストがかかる。また、通常のコンテンツと異なるシナリオが必要だ。以前レーザーディスクの登場時にも、ユーザーの選択によりシナリオが変わっていくコンテンツがあったが、結局普及しなかった。VRとともにリアルな体験を得られるデバイス、そしてコンテンツのシナリオの3点が揃って初めて普及に至るだろう。

筆者も言っているように、VRでアダルトコンテンツが楽しめるようになったら、それはもう疑似体験ではなく、新たなリアル体験だ(言葉は慎むが、書籍の中ではもっとダイレクトな表現でそれを語っている)。それを入手したとき、人類は新たな進化を遂げるのかもしれない(かなり大げさ)。

参考: 【インタビュー】ついにベールを脱ぐDMMのVR、男の夢を叶えるコンテンツは現れるのか?

個人的には、ARやMRとの組み合わせも興味ある。

2016年2月26日金曜日

チェリー

千歳烏山駅を降りたところで、蹲(うずくま)っている若い女性を見つけた。声をかけてみるが、歩けそうにない。一緒にいる友人と相談し、取り敢えず病院に連れて行くことにした。

その夜、我々は車で軽井沢に行く予定だった。女性のことは友人に任せ、先に他のメンバーが待ついつもの喫茶店に向かった。

遅いなと思った頃、友人が戻ってきた。女性は妊娠していた。無事出産したそうだ。
もう30年も前のことになる。今なら、ただ助けただけの赤の他人に出産のことなど明かさないだろう。

その時の赤ん坊はもう30歳になるはずだ。久しぶりに千歳烏山のホームに降りたからか、急に当時のことを思い出した。

その夜、我々は予定より遅く出発した。件の友人は激しくショックを受けており、環八かどこかの大きな交差点で赤信号に気づかず、そのままつっこんだ。夜遅かったこともあり、奇跡的に事故にはならなかったが、肝を冷やした我々は強制的にドライバーを交代させた。

確か、この時の軽井沢行きは別荘に放置されていたチェリーを取りに行くためだった。当時の中古価格でも、数万円で買えるくらいボロボロのチェリー。車の中で、「このチェリー、俺たちが今聴いている聖子ちゃんのレコード代合計より安いんだぜ」と何度も笑いあった。
2016年2月24日のFacebook投稿から転載)

2015年12月10日木曜日

SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015“Journey of a Songwriter”

21歳の2月、僕は日光でアイススケートの合宿に参加していた。くじ運が悪かったため、大学の体育の授業がみんなから嫌われている合宿しか取れなかったためだ。

J.BOY

オリンピック選手も練習するらしい立派なスケートリンクでは、その前年に発売された浜田省吾のアルバム「J.BOY」の曲がヘビロテのようにずっとかかっていた。AMERICA、BIG BOY BLUES、想い出のファイヤー・ストーム。

5日間の合宿中、他にかける音楽は無いのだろうかと思うほど浜田省吾一色だった。もしかしたら、担当者が熱狂的なファンだったのかもしれない。

FATHER’S SON

合宿から帰ってくると、自宅に父はいなかった。

約1年前から闘病中だった父は容体が悪化し、入院していた。この1年何度も父を送った病院に駆けつけてみると、意外にも父は元気そうだった。合宿のことを話したりしていて、少し安心して帰宅した次の日から父の容態は悪化し、その後1週間で帰らぬ人となった。

父は僕がバンド活動をするのをあまり快く思っていなかったので、あまり音楽の話をしたことは無い。だが、病院に向かう車の中で、カーステレオから流れてきた「A NEW STYLE WAR」を聞き、これは誰の曲だとだけ聞いてきたことがあった。


SHOGO HAMADA ON THE ROAD 2015“Journey of a Songwriter”は浜田省吾の3年振りのコンサートツアーだ。オリジナルアルバムを出した後のコンサートとしては10年振りらしい。

今夜のNHKホールのステージの上の彼はひたすらイカしてた。

最新アルバム「Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター」からの曲を中心に、初期の曲も混ぜて(まだツアー中なので、セトリなどは明かさないようにする)。僕が中学生の頃から変わらない。もちろんこの場合は良い意味だ。

昔憧れていたロックスターの今の姿は見るに耐えないことも多い。声が出なくなってしまっているシンガーもたくさんいる。だが、浜田省吾はまったく変わらない。31年前に横浜スタジアムで見て以来の彼がそこにいた。

最近でこそ走りながらイヤホンで音楽を聴くのをやめてしまったが、以前はマラソン大会でスタートのときや途中心砕けそうになったときには、「ON THE ROAD」をかけていた。「この道の彼方、約束されたはずの場所があると信じて行きたい。もう一度孤独に火を着けて」、そう彼が耳元で叫ぶ。

ON THE ROAD

もう一度孤独に火を着けて。

父の亡くなった年齢にまた近づく。



ちょうど個人的にも転機を迎えた今年に彼のライブに参加できたことは幸運だ。
迷っている暇なんか無い。選んだ道進む。
ムービースターじゃない。ロックスターでもない。
明日は今日よりも良い日になることを信じている。
I am a Father.
かつて夢見る少年だったこの俺も今ではFather.

2015年11月30日月曜日

Wallflower

パーティが嫌いだ。
こう言ってもあまり信じてもらえないのだが、人見知り激しく、いつも一人でぽつんとしている。耐えられなくなった時には失礼を承知で途中で帰ってしまう。

Diana KrallのWall Flower

ウォールフラワー~コンプリートセッションズ

これは夜に似合う。好きなアルコールとともに、部屋を暗くして。アルコールはワインかシングルモルトスコッチが似合う。

Alone Again (Naturally) を聴きながら涙し、Desperadoのようにたそがれる。

Alone Again (Naturally) はMichael Bubléとのデュオだが、彼の声も好きだ。つい今しがたまでヘッドホンで聴いていたのだが、二人の艶っぽい声が耳元に直接歌いかけているようだ。

すべて懐かしい、お馴染みの曲なのだが、歌詞を知っている曲ばかりではない。改めて歌詞を確認し、味わった。表題のWallflowerはBob Dylan作。シンプルだがBob Dylanっぽい歌詞。

Bootleg Series 1-3

10ccのオリジナルが素晴らしすぎるI'm not in Love。Diana Krallのカバーもとても良い。そういえば、このアルバムはDavid Fosterがプロデューサーだった。なるほどと思う。艶っぽいのはそのためか。

それにしても、I'm not in Loveの歌詞は本当に酷い。曲の美しさとは裏腹。だからこそヒットしたのか。

このアルバムは今年の春にリリースされていたのだが、購入が遅れた。
しばらく聞き込みそう。

Alone Again

パーティを中座して帰路につく。
また1人になった。
Alone again, naturally.

家に着いたら、Elvis CostelloのI Wanna be Lovedでも聴こう。